本文へスキップ
 

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-831-5650

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1-5-9-2階

店主挨拶

うりんぼう店内

 うりんぼうのHPへようこそ!私が店主の佐藤紀子です。
 焼酎ブームまっただ中の20代終わりに、私はイタリアンの料理人から和食に転向しました。ふらっと行ったイタリア1人旅で、イタリア人の、地元の料理と地元のお酒(ワイン)を愛する心にすっかり感銘をうけてしまったのです。「日本人なのに日本料理ができない(知らない)と恥ずかしい!今すぐ和食に転向しなければ!」
 そこで、和食との相性が抜群で奥深さを感じる日本酒に出会いました。
 日本酒が大好きになった私は、「なんで世間は焼酎、焼酎って、こんなに騒いでるんだろう?なんで栄養価が抜群で体にもよく、和食に合う日本酒を置く店がまったくないんだろう?美味しいぬる燗が飲みたいのに、どこの店ももそれに応えてくれない・・・。それなら、もう自分でつくるしかない!」と思い立ちました。H17年7月より物件探しを始め、同年10月より内装工事に入りました。私も大工さんと一緒に、店舗デザインや材料選び、塗装、囲炉裏作りなどを行いました。そして、2か月後の12月24日に無事開店することができました。
 それと同時並行で、埼玉に35蔵ある酒蔵を順にまわりました。そこには、たくさんのいいお酒、すばらしい蔵人たちとの出会いがありました。
 さらにそれは、埼玉の美味しい食材や、醤油などの調味料を作っている人たちとの出会いでもありました。その時の感動は今でも忘れることができません。
 このようにして、私の理想の店作りへの追求がスタートし、それは現在もなお続いています。オープンして数年は、お客さんや知り合いに「日本酒だけの店、しかも埼玉の酒だけなんて絶対続かない」「焼酎置かないと客が来ないよ」「すぐつぶれると思ったけどまだあったの?」などなど散々な言われようでした。今考えるとそう言われたからこそ、今があるのだと思っています。反骨精神?なんですかね?
 H29年3月現在、今もなお当時のコンセプトを全く変えないまま、現在に至ります。これも「うりんぼうがつぶれちゃ困るから」と、暇な時も通ってくれる常連様あってのことだと思っています。

基本的にお料理、接客を一人でやっております。混雑時にはお待たせすることもあるかもしれません。一生懸命がんばっておりますので、なにとぞよろしくお願いします

どうぞみなさま、うりんぼうで埼玉の地酒と肴をごゆっくりご堪能ください

うりんぼう入り口

shop info.店舗情報

蔵元直送 埼玉の地酒処 うりんぼう

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂1-5-9-2階
TEL.048-831-5650
FAX.048-831-5650
MAIL.urinbou@festa.ocn.ne.jp

営業時間 17時~22時半
     (LO.21時30分)

定休日 第2・3・4・5土曜日、日、祝
お盆、年末年始、GW

バナー